読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みか月屋のブログ

元アパレル店長による、店長お悩み相談室。悩める新人店長さんたちのヒントになれば幸いと、ちまちま更新中。お悩みコメントお気軽にどうぞ。

残業してますか?

こんばんは。みか月屋です。

 

皆さま、残業してますか?

(いきなり!)

 

むしろ8時間働いてからが本番、みたいな?

(辛い・・・)

 

私、かつてはそんな働き方をしていました。

 

しかし、今。

ほぼ残業しておりません。

周りにはけっこう残業しまくって休日出勤しまくってる人も

いますが、10時出社、19時退社が基本です。

 

なぜ変われたか?

いくつか理由がありますが、3つご紹介します。

 

1.戦略決め、タスクの洗い出し、スケジューリングを徹底的にやる

2.仕事上でかかわる人にそれを伝える

3.大事なことからやる

 

1は、「どうやって利益残すか」を考えるということ。

これだとちょっと大きすぎるので、本部の方針とか、過去の数値実績とか、

いろいろ考えて「これくらい売ろう」「経費はこれくらいで」と「決める」。

 

それを実現するうえで、いつ、だれが、何をすべきか。

進めるとどんな問題が起きるか、問題を防ぐために何を準備しておくか、

かかる作業量、必要な人員、仕入れる在庫・・・。

 

商売のことなら少なくとも1か月先、出来れば四半期・半期・・・

(これは業態による)

人のことなら少なくとも半期先、できれば1年先までスケジューリングする。

(これは稼働計画と育成計画の両面から。

人を採用するのか、人を育てるのか、みたいな違い)

 

2.で、決めたらそれを人に言う。

店舗の戦略は上司に相談してみる。

「こう考えているのですがどうでしょうか?アドバイスいただけませんか?」と。

(ちなみにこのセリフ、めちゃくちゃやる気ある店長のセリフじゃないですか?

 こんなふうに言ってみたくない?)

 

運よくアドバイスがもらえたら(まともな上司なら喜んでアドバイスくれるはず)、

ブラッシュアップして、スタッフに伝える。

「うちの店はこれで勝つ!」みたいな。

 

3.で、大事なことからやる。

もう、これね。

20代の新人店長さんはあまり感じないかもしれませんが、

30代になると、午前中は、まあ使える。(自分の脳みそが)

お昼食べて午後になると、若干あやしい。

日が暮れたら、もう使い物になりません。

人間の身体はそのようにできています。(きっぱり)

 

22時すぎないとやる気が出ないとか言ってるそこのあなた、

それはまやかしです。

時間は限られています。

マンガ喫茶行ったら、いちばん読みたいマンガから読みますよね?

それと同じです。

一番大事な仕事からやらないと、時間ってなくなっちゃうんですよ。

 

あと、大事な仕事からやると、そうでもない仕事が多少残っても、

「ま、いっか」と帰れます。

 

『7つの習慣』にも書かれている有名な話ですが、

「大きな石からコップに入れる」ということですね。

 

※『7つの習慣』を読んでいない社会人なんていないと思っていますが、

もし読んでいない方がいたら、次の休日にbookoffに行ってゲットしましょう。

(大大大ベストセラーですから、きっとどこのbookoffにもある、はず・・・)

買ったその足でスタバにでも陣取って、さっさと読みましょう。

ほんと、知ると知らないとでは人生変わりますよ。

 

 

ちなみに、「大事な仕事」に手が出ないという方は、工程が分解が出来ていないのと、

ゴールが描けていないのではないでしょうか。

その場合は、マニュアルを読む、分かる人に聞く、出来る人のマネをする、

手順を書き出す・・・などやってみましょう。

(あえて残業するなら、こういうことをやればいいんです。

「これやっとけば来月は楽になる」ということなら、残業という「投資」をする

価値はあるかと。)

 

「やれる仕事」からやっていたら、いつまで経っても帰れません!

いいですか、「大事な仕事」からですよ~!

 

 

上記3つを実行しますと、こんな状態になります。

「前始末が出来ている」(後始末の仕事が減る)

「上司・部下とコンセンサスが握れている」(無駄な仕事が発生しにくい)

「成果につながる仕事に資源を集中させている」(成果が出やすい←そのまま)

 

成果が出れば、長時間労働しようなんて思わないんですよ。

成果が出ないから、後ろめたくて、ごまかすように、償うように

残業するんです。(かつての自分がね・・・。痛い・・・。)

 

せっかくの人生ですから。

仕事ももちろん大事ですが、

仕事だけが人生じゃないですよね。

 

残業がなかったら、何したいですか?

将来の夢を実現するために、自分を磨く時間。

自分をいたわり、心身を休めて明日への活力を養う時間。

大切な人と過ごす、楽しくてかけがえのない時間。

 

いろいろな選択肢が見えてくるのではないでしょうか。

心を動かす

こんばんは。みか月屋です。


今日はめずらしく連続更新でございます。


今日、CS研修を受けたんです。

話の内容は、まぁ新入社員研修とかでも

聞けるような、基本的なお話でした。

自分自身も同じような研修を

やったこともある内容でした。


振り返っても、「初めて聞いた話」というのは無かったんです。


でも、泣いてしまいました。


もうね、講師の先生の心根が、

素晴らしかったんです。


話し方が上手い、話の構成が上手い、当たり前。

(今朝書いたプレゼンのポイントも完璧)


何が違うんだろうな〜とずっと考えて

いたんですが、やっぱり「体現して伝える」

というところに心を動かされたんだな、と

思います。


信頼関係のポイントは「味方」になること、

というお話があったんですが、

まさに、私たちの味方になりながら

講義をして下さったなぁ、と。


言うべきことはきっちり言うんですよ。

でも、それは「これは身につけておいたほうが良いよ」

というスタンスで、すっと入ってくるんです。


上辺で語っても響かないな、

人に何かを伝えるときって、自分の

全部が伝わるんだな、と改めて

実感。


人間、日々成長、日々精進が大切

ですね。


そんなこんなで、分かってるつもり

のことでも、

学びに行くことで新たな気づきが

必ずある、ということを

実感した1日でした。


どんどん学びに行きましょう!



伝える力

おはようございます、みか月屋です。

初めてスマホで更新してみます。

見え方がおかしかったらスミマセン。


さて。

店長の皆さまは、「伝える」ことが

仕事の中で大きなウェイトを占めている

のではないかと思います。


伝えるためには、2つの力が必要だと

考えています。


ひとつは、伝える「中身」をまとめる力、

もうひとつは、それを言葉で発する力です。


これらは密接に絡み合っていて、

中身に自信があれば説得力のある話し方が出来るし、

本心とは異なる中身であれば

熱に欠ける話し方となるでしょう。


しかし、今日はそれらをさて置いて、純粋な「プレゼン力」に注目してみます。


今まで全く話し方のトレーニングを受けたことがない方は、

たった2つのことを意識するだけで、

劇的にプレゼンが上手になります。


ひとつは、言葉と言葉の間の、「え〜」という言葉を発しないこと。


試しに、誰かのプレゼンや朝礼を

聞いてみてください。

意識し始めると、とても気になるはずです。



沈黙を怖がらないでください。

むしろ、適切な間は、

聴き手を話に引き込む、集中させる

効果が期待できます。


講演でお金を取れるような方は、ほとんど「え〜」がないはず。

むしろ、間を効果的に使っていることに気づくはずです。


二つ目は、身振り手振りは効果を狙って行うこと。

大事なことは3つあります、というときに指で3と示す。

「ここが大事なところです」で手を上に上げて大きな動きをする、など。


そして、これが大事なところですが、

効果的でないときの手は動かさない!ことです。


「え〜」という意味のない言葉、

意味のない動きは、

聴き手にとって話に集中することを妨げるものです。


プレゼンの勉強をすると、ディストラクション(distraction)

という言葉で説明されます。



いすれにせよ、人前で話すことが苦手、という方は多いと思います。

(私も未だに苦手です〜^ ^;)


ただ、目的を達成するための手段のひとつと考えれば、話し方のスキルを磨くという選択はとても有効だと思います。


なぜかというと、ひとつはよく使うスキルだから。

もうひとつは、磨いている人が少ないスキルだから(!)


人前で話す機会が多い人ほど磨くべき力なのに、

「慣れ」にあぐらをかいて、

下手なままの人が多いのではないかと思います。


取っ掛かりとしては、魚住りえさんの

『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書 』をオススメします。


さらに、本で勉強するのも良いですが、ここは1日研修など、自腹ででも参加してみることをオススメします。

(ネットで調べたらたくさん出てきます。)


春はスタートダッシュの季節。

何か引っかかるところがあった方は、

ぜひチャレンジしてみてください!


ストレス一日決算主義

こんばんは。

 

今日はストレスのお話。

(決して今自分がストレスを感じているから

この話をするわけではないです!)

 

新人店長になりたての頃、「新人店長研修」でストレスとの

付き合い方を習いました。

(こう書くとブラックだな・・・)

 

曰く、ストレスというものは、丸いボール(=自分の心)に

圧力がかかっている状態であり、

適度なストレスは成長につながるが、

過度なストレスは心が壊れてしまうので、

その日のうちにストレスを取り除きましょう、というものでした。

 

ポイントは、「ストレスを忘れるくらい夢中になれる動作・行動」

をするということですね。

 

私は新人店長当時、車通勤だったので、次の日が休みの日の帰りは、

よくガンガンに音楽をかけてドライブをしていました。

(高速に乗って行けるところまで行って、眠くなったら仮眠して、

ふらっと降りて温泉入ったり・・・自由だー!)

 

マッサージに行くとか、ヒトカラで熱唱するとか、映画観るとか、

めちゃくちゃ凝った料理を作るとか、絵を描くとか、

マンガ喫茶に行ってMAJOR全巻読むとか、

走るとか、散歩するとか、ひたすらぐーたらして眠くなったらすぐ寝るとか。

とりあえず一人ですぐ出来る何かは複数用意しておいたほうがよいです。

だっていつストレスを感じるか分からないから・・・(笑)

 

※ちなみに最近のオススメは

「YouTube大阪桐蔭の応援動画を観る」です。

(ウィリアムテルがね・・・もう応援のレベルを超えてるんですよ・・・!

 恋もね・・・編曲がいちいちセンスが良くてもう・・・!)

 

大勢でやれる趣味とかイベントがあるとそれも良いですね。

スポッチャに行くとか、焼肉大会やるとか、大人の日帰り遠足やるとか。

 

まあ、何もかも嫌になったときは大体睡眠不足ですから、

ひたすら寝るか、家で眠れないときはマッサージに行って寝るか、

むちゃくちゃに身体を動かして寝るほうが良いです。

多少無理しても休みをちゃんと取って、寝たほうがいいです。

人間寝ないとだめですよ!

(繁忙期にゴハン食べながら寝てしまったことがあって、

睡眠欲は食欲に勝るんだなって実感したことがあります。)

 

というわけで、本日はここまで。

おやすみなさ~い^^

本を読もう!

みなさん、本読んでますか?

 

店長は、基本的に上司がいません。   

(いや、厳密にはちゃんといるんですけど、

日常的に、自分の行動を戒めてくれる存在、

手取り足取り教えてくれる存在っていないですよね。)

 

だから、店長は「自律」と「自習」が必要です。

 

少なくとも週に1冊は本を読みましょう。

問題意識を持って、本屋さんに行きましょう。

 

リーダーシップに不安があるならリーダーシップの本を、

サービスに不安があるならサービスの本を、

部下育成の力を身につけたいなら部下育成の本を。

 

今のみなさんの悩みは、過去に絶対に絶対に誰かが同じ悩みを

抱えて、解決しています。

その誰かを見つけにいくつもりで、本屋さんに行けばいい。

誰かが苦労の末に達成した解決方法を、わずか数千円で

知ることが出来る。

本って本当に安いと思います。

 

紹介したい本もたくさんたくさんあるのですが・・・

3冊だけ。

(週1で1冊以上本を買って、3カ月ごとにいらない本をブックオフ

売って・・・ということを10年続けてなお私の本棚に居座っている

選りすぐりですよ!)

 

その1

スターバックス再生物語』つながりを育む経営

ハワード・シュルツ

これは、一言で言うと、ブランドを叩き直した物語、です。

ブランドの本質を洗い直し、

ピカピカにしたところに旗を刺し、

旗を目指して、持てる資源をすべてつぎ込んでたどり着いた人たちの物語です。

大事なものは磨き続けるしかないんだな、ということを

しみじみと感じます。

磨き続けなければあっという間に曇ります。錆びます。

でも、磨くのって楽しいよね。

そんなことを教えてくれる本。

 

その2

『ロジカル・シンキング』

論理的な思考と構成のスキル

照屋華子、岡田恵子 著

 

「MECE」を知らない店長は今すぐ読みなさい。

「で、結論は?」と言われたことがある店長は今すぐ読みなさい。

「店長話長いけど結局何言ってるか分からない」と言われたことがある

店長は以下同文。

 

定価2,200円ですが、22,000円だったとしても買うべき本。

 

その3

『完全無欠のマネージャーマニュアル』

ブライアン・トレーシー 著

和田裕美 監訳

 

店長で、今何かしらで悩んでいてこの本を読んでない人は、

今すぐ書店に走るかアマゾンでポチって下さい。

 

読んだときの感想は、例えるなら

「視力0.1だったけどメガネかけたら1.0になって

視界がめちゃくちゃクリアになったよ!」

という感じです。

 

とにかく読め。

(冒頭の和田さんの文章がまた読む気にさせてくれるんですよ。) 

深刻さは敵を作り、謙虚さは味方を作る

高校野球、盛り上がってますね!

史上初の2試合連続再試合、

決勝は大阪対決と記憶にも記録にも残る大会となりましたね。

 

さて、先日、店長時代の資料を整理しておりました。

 

資料と言っても、雑多なメモ書きばかりなのですが、

いろいろと懐かしいものが出てきました。

 

例えば、本社勤務をしていたときに、先輩から時間の使い方について

ボロクソに怒られてから毎日つけていたタイムスケジュール表。

前日終業前に翌日の計画立てる⇒実績つけながら仕事して分析

⇒翌日の計画・・・の繰り返し。

タスクを書き出す⇒重要な仕事から優先して時間をとる、とか

緊急でなく重要な仕事(7つの習慣で言われる「第二領域」)の割合を増やす、とか、

この頃に身につけました。

(おかげで今の職場では誰より先に帰れるようになりました(笑))

 

そんな中、きらりと光る、タイトルの言葉。

 

 

深刻さは敵を作り、謙虚さは味方を作る。

 

 

日付を見ると、もう10年も前のメモなのですが・・・、

10年前の自分に贈ってあげたい言葉(笑)。

 

店長って、真剣に店舗運営のことを考えれば考えるほど、

「出来ていないこと」が見えてきてイライラしてしまうものだと思うんですよ。

 

「私はこんなに真剣に考えているのに、なぜスタッフは分かってくれないんだろう?」

「いまの売上じゃ本当にまずいのに、危機感を持ってくれない」・・・

こう思った時点で、スタッフが敵に見えてしまう。

悩めば悩むほど、イライラしてもどかしくて、「他者」を変えようとしてしまう・・・。

 

でも、「他人と過去は変えられない」のです。

変えられるのは、「自分と未来」。

 

謙虚に、現実を受け止める。

謙虚に、素直に、「こうしたい」「こうしてほしい」を相手に伝える。

そうして味方を増やしていくことでしか、店長は仕事ができません。

(だって一人じゃ営業できないですよね?ランチも抜き、トイレにも行けず

笑顔で接客できないですよね~?)

 

謙虚さは、学ぶ姿勢にもつながります。

現状を打開するために、何が必要か?

謙虚に現実を受け止めれば、「どうやって解決しよう?」という思考になるはず。

今の自分に武器が足りなければ、身に付けるしかありません。

 

謙虚に現実を受け止め、

謙虚に学ぶ人。

こんな人が周りにいたら、味方になってあげたく

なっちゃいますよね。

 

ぜひ、深刻さではなく謙虚さで、目の前の壁に立ち向かってくださいませ。

高校野球とこだわり

すっかり間が空いてしまいました。

 

今日はあいにくの雨模様ということで、自宅でまったりと

高校野球を観ております。

 

私、実は高校時代は野球部のマネージャーをしてまして、

今でも気合いを入れて観るときはスコアつけてしまうくらいの

野球好きです。

 

今ちょうど福井工大福井健大高崎戦をやっています。

健大高崎といえば、「機動破壊」というキャッチフレーズで、

足を使った野球をするチームということで

すっかりおなじみになりました。

 

ランナーが出たときのリードの取り方が大きいとか、

積極的に盗塁するとか、

「走塁」にこだわってやることを決めているのだな~ということが

試合からビシバシ伝わってきます。

 

それは、ユニフォームを隠して試合をしても、どちらがどちらのチームか

はっきり分かるくらいの違いです。

これって結構すごくないですか?

 

店長の皆さま、

特にチェーンストアの店長をされている皆さま、

看板を隠したときに、なおお客様に伝わるこだわり、ありますか?

 

もしくは、社内で「○○店長といえば☆☆」といったこだわりを持っていますか?

 

何でもいいんです。

自分がやりたいと思うことで。

ただし、必ず勝算があることを選んで。

 

サービスにこだわる、売場にこだわる、品ぞろえにこだわる・・・

なにかにこだわることで、

「何十店舗の中の一店舗」から、「☆☆にこだわっている○○店」と

認識をしてもらえる。

 

使い古された言葉でいえば「差別化」ってやつです。

 

差別化がうまくいくと何が起きるか。

 

お客様に「特別」と認識されるので、客数が増えるでしょう。

集客ができるので、今までより楽に売上を作れるようになるでしょう。

さらに、スタッフがお店に誇りを持つようになるでしょう。

 

「うちは○○のチーム!」

「うちは○○の店!」

「私といえば○○」

 

こだわり、私も大切にしていきたいです。

 

(これを書いている間に健大高崎が9回裏2アウトで

ものすごいダブルスチールを決めて土壇場で同点にしました。

延長・・・ドキドキ。)