20代の女性店長&マネージャーを応援するブログ

現役マネージャーによる、店長お悩み相談室。悩める新人店長さんはもちろん、マネージャーさんや若き管理職さんのヒントになりそうな記事をUPしております。

気温の変化は商売のチャンス

f:id:mikazukiya:20180809112701p:plain

おはようございます、mikaccoです。

今朝は窓を開けた途端、「寒っ!」と思わず声が出てしまうほど気温が下がりました。

 

私はアパレルの店長をしていたので、気温の変化にはものすごく敏感です。数字上の気温が何度か、ということよりも、前日からの変化を気にします。

 

アパレル店長の皆さん!「暑くなり始め」「寒くなり始め」はプロパー(定価)で商品を売るチャンス!今日みたいな日は絶対に逃してはいけません!

 

私が店長なら、今日は秋物ボトムスを柱に販売します。で、羽織物とか肌触りの良い長袖のトップスをトルソーに着せて、コーディネートで試着してもらえるように朝イチでレイアウト移動です。

肌寒くなる→秋物が気になり始める→秋物が動く→秋物はボトムスから動くのでボトムスを売る、という単純な話ですが、スピード命。セール品なんかなかったことにして、秋物を売りましょう。

 

新人店長時代に、セブン・イレブンを立ち上げた鈴木敏文さんの著書を何度も読みました。「『何℃であるか』より『何℃のときに人はどう感じるか』という肌感覚を育てるのが大事」という意味合いのことが書いてありました。

天気予報をみるときは、「ああ、今日は20℃だな~」とただ思うのではなく、20℃のときに人は(お客様は)どういうものを欲するのか、自分の肌感覚とお店の売上データをリンクさせるよう訓練する。

そうすると、1年目は経験値を積むだけで終わるかもしれませんが、2年目、3年目の商売の視点が変わってきますよ。

 

これから冬に向かいますが、10℃台になるとウール系の商材が動くし、最低気温を10℃を切ったらダウンが売れ始めます。

 

新人店長の頃、秋分の日に気温がぐっと下がって、それまで秋冬物が全く売れなかったのがウソのように、飛ぶように売れて、売上目標比196%まで売れまくったのは10年経っても忘れられません…。店長の皆さん、商売はタイミングイズマネーです!

 

は~、寒かったので勢いで思わず書いてしまいました^^;ちょっと短いですが今日はここまで。